MENU
新型コロナウイルスの感染予防に向けた取り組みとお客様へのお願い

NEWS & BLOG

お知らせ・ブログ

観てきました….『アンテベラム』

台場店 / 2021.11.23

こんにちはキャストののんちゃんです🐱

ハロウィンのホラー映画ブblog以来ですね🎃

11月に入り日中はまだ暖かいですが、夜になると一気に冷えたりして寒暖差が激しいですよね💦

皆さんも体調には気を付けて下さいね!

さて、本日書くのはまたまた映画レビュー。そしてまたまたホラー・スリラー系。

 

『アンテベラム』

11月5日に公開された『アンテベラム』観に行ってきました!

『ゲット・アウト』や『アス』のプロデュサーが作っているとのことで、これは気になる…。とのことで鑑賞。

今回も“お化け!!”“クリーチャー!!”“悪魔!!”というのは出てこず、お得意の“違和感”で勝負。って感じでしたね。

監督自体、違和感と人種差別についてかなり意識がある感じなんですよね。映画のテーマには必ず入ってきていますね。

~あらすじ~

リベラル派として知られるベストセラー作家のヴェロニカは、心優しい夫、幼い娘と幸せに暮らしていた。

ある日、エリザベスと名乗る謎めいた女性のオンライン取材をこなした彼女は講習会のために単身ニューオーリンズを訪れる。

力強いスピーチで拍手喝采を浴びたヴェロニカは現地で合流した親友らと高級レストランでのディナーに繰り出す。

しかし、その行く手には、公私共に順風満帆なヴェロニカを奈落の底へと突き落とす恐ろしい罠が待ち受けていた…。

アンテベラム公式サイトから引用

南北戦争の奴隷制度のシーンからはじまるんですけど、30分くらいずっと続くんですね。これが正直退屈な時間に感じてしまった…。

ただ、後半になるにつれて前半のシーンがここで繋がってきて来るのか…!という感じで例の“違和感”を発見することの楽しみが出てきますので、そこに関しては期待を裏切られることはなく楽しめました(´▽`*)

公開したばかりですので、皆さんもぜひ観に行ってみて下さいね!

 

≪ご予約はコチラ≫


東京でサバゲーといえばBravePoint台場店!
無料レンタル有りなのでサバゲー未経験者、サバイバルゲーム初心者でも大丈夫です♪
10歳から参加可能♪痛みの少ないサバゲーが手軽にできる今注目のお台場のオススメのレジャースポットです。

ご予約はこちら