MENU
新型コロナウイルスの感染予防に向けた取り組みとお客様へのお願い

NEWS & BLOG

お知らせ・ブログ

サバゲー装備のススメ♪サバゲー初心者でも安心♪

台場店 / 2022.06.13

手軽に遊べるようになってきたサバイバルゲーム、通称「サバゲー」。映画やゲーム、アニメのように撃ち合って、非日常の世界を味わうことができる遊びです。しかし、装備品は迷彩服、ゴーグル、フェイスマスク、ヘルメット、手袋、靴、各種アクセサリーなど多岐にわたり、サバゲーを知らないサバゲー初心者にはハードルが高いように感じます。そこで今回は、サバゲー初心者でも安心してすぐに始められるオススメのサバゲー装備品についてご紹介します。

■サバゲーとは?
そもそもサバゲーとは何なのか?銃器を模した玩具「エアガン」を用いて撃ち合って遊ぶゲームを指します。1970年代に日本で始まった遊びで、刺激的で爽快感たっぷりの遊びとして人気を集めています。BravePoint台場店では10歳から遊べるようになっているなど、体験できる年齢の幅も広がっています。

■サバゲーに必要な装備
アウトドアの森林でサバゲーを楽しまれるなら揃えたいのは迷彩服です。室内であれば、普段着でも大丈夫ですが、威力が高いエアガンで遊ぶ場合は、素肌やTシャツなどでBB弾に当たると強い痛みを感じます。丈夫な布地を採用している迷彩服を着用するのがオススメです。迷彩柄もありますが、SWATのように真っ黒い無地のタイプもあります。

■ゴーグル
サバゲーをしている間、BB弾が目に当たれば失明の可能性があるため、ゴーグルは欠かせない装備のひとつです。基本的にどのようなサバゲースタジオ、サバゲーフィールドでも着用が絶対条件で、ゴーグル未着用ではサバゲーに参加できないので必ず用意しましょう。透明な強化プラスチックをレンズに使用した、ゴムバンド式ゴーグルが一般的です。防曇処理をしているモノやファンが内蔵されているモノを選ぶと、曇りにくく傷もつきにくいのでオススメです。また、傷や曇りを防止するために、レンズ部分がメッシュになっているタイプのものもありますが、室内のサバゲースタジオ、サバゲーフィールドだと細かいBB弾の欠片が入り怪我に繋がる可能性があることから、使用は禁止になっているところもあるので注意ください。「サバゲー用」と書かれているゴーグルタイプを選ぶと安心です。

■フェイスマスク
フェイスガードとも呼ばれる、目から下の顔を守るための装備のことです。フェイス、とくに口の部分は歯に弾が当たると歯が欠ける可能性があります。万が一を考えて口元も守れるものを装備すると安心してサバゲーを楽しむことができます。

■ヘルメット・帽子
サバゲーで頭部を守るための装備です。活躍するシーンはアウトドアで強い日差しによる熱中症になるのを防いだり、頭をぶつけることになった際に衝撃を和らげる効果があります。

■手袋
手袋はエアガンを滑らないようしっかり構え、BB弾や草木によるケガから手を守るための装備です。とくに手先は刺激に敏感で痛みを感じやすいので厚手のモノを選ぶのがオススメです。サバゲー初心者のうちは、手元を撃たれてしまうことがあるため、怪我を防ぐ意味でも装備しておくと良いでしょう。

■サポーター・プロテクター
サポート・プとテクターとは、ひざやひじを保護するためのサポーターやプロテクターのことです。ひざ用はニーパッド、ひじ用はエルボーパッドと呼ばれ、立てひざをついて構えたり、うつ伏せ姿勢で構えたりするときに重宝します。とくにひざを立てることが多い場合は、プロテクターがあれば痣になるのを防げます。

■靴
サバゲー用の靴として人気があるのは、タクティカルブーツやトレッキングブーツ。タクティカルブーツは、軍隊のなかでも特殊部隊用のブーツを指します。屈強なつくりでしっかりしたグリップ力があり、耐水性も高いので雨の日のフィールドでも存分にサバゲーを楽しめるのが魅力です。足元が滑ることもあるので、滑りにくい靴を足元を撃たれることは少ないものの、しっかりした靴を選ぶことでサバゲー中のケガ防止にもつながります。

■サバゲー装備の選び方
屋外か屋内で、サバゲーの装備は変わってきます。森林の多い屋外でサバゲーをするなら、目立ちにくいグリーンやカーキなどがオススメです。一方、コンクリートが基調の屋内なら保護色となる黒やグレーの迷彩が適しています。グレーは屋外の市街地フィールドでも活用できるのが特徴的です。サバゲーは装備を整えるのも醍醐味のひとつ、サバゲーに慣れてきてサバゲー装備が欲しいと思ったら、行きたいサバゲースタジオやサバゲーフィールドで自分の戦法にあわせてサバゲー装備を選んでいきましょう。

■モデルで選ぶ
自衛隊やアメリカ軍、好きな映画やアニメの登場人物になりきって装備を揃え、自らを主人公になりきるのもサバゲーの楽しいところです。具体的なモデルを決めて選べば、こだわりのある装備が完成していきます。実際に存在する軍隊を例に挙げても陸軍や海軍、空軍と種類はさまざまで、それぞれしっかり特徴があるので、迷彩服を選ぶときにも細かいところまで見ていくのがオススメです。また、全身すべてを模倣していくだけでなく、一部にモデルの要素を取り入れ、自分なりの装備をつくっていくのも人気です。自分らしさを取り入れてサバゲー装備をより楽しんでいきましょう。

■セットになったモノを選ぶ
BravePoint台場店では、装備一式のレンタルが可能です。ですが、より自分に合ったものを揃えたくなったら、お店で販売している商品を購入したりしてサバゲー装備を揃えていきましょう。

いかがでしょうか?BravePoint台場店ではサバゲーデビューをした人もたくさんいます♪ぜひ気軽に相談、ご利用ください♪

スタジオ内の雰囲気はこちら

サバゲー初心者の方は【サバゲー初心者向け】サバゲー!これさえ守ればOK!もぜひ一読ください。

サバゲー初心者さんに読んで欲しい記事vol.01もオススメです。

≪ご予約はコチラ≫


東京でサバゲーといえばBravePoint台場店!
無料レンタル有りなのでサバゲー未経験者、サバイバルゲーム初心者でも大丈夫です♪
10歳から参加可能♪痛みの少ないサバゲーが手軽にできる今注目のお台場のオススメのレジャースポットです。

ご予約はこちら