MENU
新型コロナウイルスの感染予防に向けた取り組みとお客様へのお願い

NEWS & BLOG

お知らせ・ブログ

【雑談】BPD-0524-JP 特別収容プロトコル

台場店 / 2021.06.17

アイテム番号: BPD-0524-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: BPD-0524-JPは20代の日本人男性の外見をした人型実体です。ヒト(Homo sapiens sapiens)と同一の身体構造を有していますが、採取した体組織の分析は安定した結果を示していません。

BPD-0524-JPは常に録画機能付きのカメラ数台で監視されている東京都港区[編集済み]のサバイバルゲームスタジオに収容されています。職員がスタジオ内に入室する場合はサバイバルゲーム用の目とゴーグルの間に隙間がないゴーグルとプラスチック製または金属製の固い素材でできたフェイスガードを着用し続けなければなりません。

 

説明: BPD-0524-JPは2018年6月にスタジオ内へ収容されました。BPD-0524-JPの起源は未だ不明です。

BPD-0524-JPは大阪訛りのある日本語を話し意思疎通が可能です。頻繁に毛髪の色が変わることが確認されています。現在青・紫・赤・金・銀が確認されています。

BPD-0524-JPは生きており、友好的ではあるもの黄色い衣類又は黄色い装飾品を身に着けている場合非常に敵対的になり危険です。BPD-0524-JPは東京マルイ製スコーピオンモッドMをベースにしたと思われるエアガンで攻撃を行うことが報告されています。攻撃を受け被弾した職員は即時に「ヒット」と発言を行いスタジオ内から退去が必要です。退去を行わない又は上記発言を行わなかった職員は未知の攻撃を受け[編集済み]現実空間から消失します。その後の行方は不明で帰還は報告されていません。

スタジオ内に誰も入室していない間、スタジオ内の中から踵を擦る音がすることを職員が報告しています。これが正常な状態とみなされており、いかなるBPD-0524-JPの振る舞いの変化も当直の上長に報告すべきです。

 

東京でサバゲーといえばBravePoint台場店!
無料レンタル有りなのでサバゲー未経験者、サバイバルゲーム初心者でも大丈夫です♪
10歳から参加可能で、痛みの少ないサバゲーが手軽にできる
今注目のお台場のオススメのレジャースポットです!

ご予約はこちら